購入時に設定される抵当権

住宅などの不動産の購入では不動産担保ローンを利用するのが一般的ですが、
不動産担保ローンには抵当権の設定が行われます。

住宅ローン抵当権とは、簡単にいえば借金の担保として金融機関が債権の弁済する権利を言います。
契約者が住宅ローンの支払いができなくなった際に、
融資を行った金融機関が担保物件を処分し債務を弁済することになります。
ですから、住宅ローン抵当権が設定された場合には、ローンの返済ができなくなった際には
不動産を失ってしまうことを意味します。

購入時に設定される抵当権

登記簿への記載

契約書の書面だけでも効力を有しますが、一般的には抵当権設定登記を行い
登記簿に記載されることになります。

契約書面だけでは後々のトラブルに発展することもあるため、
登記を行い国から権利の保証を受けることが可能なのです。

実際には保険の加入によって担保物件を保護

抵当権が設定された建物は、返済不能となった際には
金融機関に取り上げられてしまうことになるわけですが、
現在では住宅ローンの契約条件に団体信用生命保険への加入が必要となっています。

団体信用生命保険は契約者が死亡または高度障害になり返済能力が無くなった際に、
債務を弁済することができる保険となります。
ですから契約者に不幸が合った際には、保険によって担保物件を失わずに済むわけです。
返済が終了すれば金融機関から書類を取得し、抵当権抹消登記を行う流れとなります。

抵当権を設定することは一見してリスクを伴うように感じられますが、
抵当権を設定した担保物件の価値により融資が受けられますので、
高額融資にも対応できるというメリットがあるといえます。

参考リンク

マンション売却 高く売る

starbg.net