抵当権があっても問題なく売却可能

抵当権付き不動産の売却は危険性が高いという認識がありますが、
基本的には特に神経質になる必要はありませんので、
通常通り不動産業者を仲介して売却することが可能です。

抵当権が設定されているからといって売却できないことはありませんし、
査定額が低くなることもないのです。

売却時には抵当権の抹消後引渡しが原則

抵当権が設定されている不動産を、抵当権の抹消を行わずに売却することも可能ですが、
不動産の売却では抵当権の抹消をしてから引き渡すことが原則となっているのです。
ですから不動産業者を通して行われる売買では、抵当権の抹消が必ず行われるため、
特別安い査定がつくこともなく売却することが可能です。

仮に不動産業者が抵当権の抹消を行わない場合でも、
購入者が住宅ローンの審査を申し込んだ段階で拒否されてしまいます。
抵当権が抹消されていない場合には、購入者に対して融資を行わないようになっているのです。
ですから不動産業者を通した売買では抵当権については特に気にする必要がないのです。

住宅ローン抵当権

個人売買では注意が必要

しかし現金による個人売買の場合には、抵当権を抹消しないままに
売却することも可能ですから注意が必要なのです。

抵当権付きの物件だからといって査定額が低くなることはありませんが、
抵当権よりも一括査定を利用して高額査定を手にすることの方が大切です。
不動産業者によって査定額が異なりますので、たくさんの業者から査定をしてもう必要があります。
そのためには一度の申し込みから複数の査定が手に入る一括査定が高額で売却するには大切なのです。